当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

中心性脊髄損傷

中心性脊髄損傷は少し前ですが、2009年9月に阪神タイガースの赤星選手がダイビングキャッチをし、頚椎椎間板ヘルニアを悪化させこの傷病名で引退しました。中心性脊髄損傷は交通事故の世界では、そんなに珍しい傷病名ではありません。

コツンとやった追突事故では、ありえませんが、ある程度の追突事故では、中心性脊髄損傷の疑い→中心性脊髄損傷とります。つまり追突により頚椎が過屈曲状態になり過伸展になり発症することが多いとされています。

そして、骨折等無いのに四肢が麻痺した感じとなりベッドで寝た状態となるようです。しかし手術を行う事もなく回復傾向の状態となり、退院することとなります。交通事故で大事なのは、この間に必ずT2強調画像でMRI撮影を行う事です。

これを行わないと、最悪は後遺障害非該当の結果に驚いてうろたえる事になります。うまくいけば9級10号とその差は大きなものとなります。よって骨折が無い場合は必ずT2強調画像でMRI撮影を行ってください。

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら