当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

2015年12月

橈骨頭(頸部)骨折について

27.12.21

交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、今回は、「橈骨頭(頸部)骨折」についてご紹介します。

アトラス骨・関節画像診断3外傷、編集:山本謙吾、発行:中外医学社 P40.42より

 

橈骨は、前腕にある2本の骨の中の一本で、橈骨頭は橈骨のうち肘に近い側の先端を言います。

 

橈骨頭は、転倒や転落の手をついてひねった際に生じることが多く、高エネルギー外傷では、他の骨や肘関節周囲の軟部組織損傷を合併することがあります。

 

症状は、骨折部の痛みが強く、肘を動かすことはできないと思います。

特に、回内・回外動作で痛みが強いです。

 

治療は、外固定による保存療法を行い、固定は46週間とされています。

手術による治療(関節面を整復し、細いワイヤ―で固定する)が必要となった場合には、骨癒合が完成するのに、およそ8週間とされています。

 

この骨折に伴って生じる骨折の好発部位は、上腕骨小頭、尺骨鉤状突起、尺骨骨幹部、肘頭です。また、肘関節の脱臼も伴う場合もあります。

肘関節内の靭帯損傷も伴う場合やTFCC損傷などの合併損傷は見逃されることもあるので、注意が必要です。

 

橈骨頭骨折単独の場合における想定される後遺障害の等級は以下の物が考えられます。

 

1. 前腕の可動域制限として回外・回内制限が残った場合

①健側と比べ前腕の可動域が1/2以下⇒準用12

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

②健側と比べ肩関節の可動域が1/4以下⇒準用10

40歳代主婦の場合の賠償額2,670万円

 

2. 橈骨に変形を残した場合・橈骨の骨端部に癒合不全を残した場合

128

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

3. 骨折した箇所に痛みやシビレ、筋力低下といった神経症状が残った場合

1213

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

149

40歳代主婦の場合の賠償額383万円

 

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

労災補償 障害認定必携より P300より

後遺障害の審査にあたっては後遺障害診断書に何を記載してもらうのか、その他の後遺障害を立証するためにどのような資料を揃えるのかが、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

 

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

既に後遺障害診断書を書かれた方は、後遺障害診断書記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

また、既に一度後遺障害の申請をし、該当・非該当の結果が出ている方については、その結果が適正なものといえるのか、専門家に相談してから示談をしておいたほうが安心ではないでしょうか?

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、熊本、大分、佐賀など福岡近県の方々の交通事故相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で交通事故によるケガにより、当事務所まで来所することが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

1217日(木)は、久留米市の「くるめりあ六ツ門6F」で1010より

交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!!

上野行政書士事務所

 

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

 

肘関節脱臼及び脱臼骨折について

 27.12.15

 交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 さて、今回は、「肘関節脱臼 及び 脱臼骨折」についてご紹介します。

整形外科専門医になるための診療スタンダード2上肢 監修:戸山芳昭 大谷俊郎、編集:池上博泰 佐藤和毅 発行:羊土社 P156より

 

肘関節の脱臼は、肩関節脱臼に次いで頻度の多い脱臼です。

交通事故により直接外力を受けた場合(車同士の側面衝突において車内で肘を打ち付けた場合や車の運転中に窓から肘を出していた際に事故に遭った場合、バイクでの衝突事故で転倒した場合)に発生することが多いです。

 

症状としては、肘関節部の変形と腫脹が生じ、肘頭が正常の位置よりも後方に突出します。

肘関節は痛みのため動かすことができなくなります。

 

診断は、腕のいい先生なら、受傷時の状況と患部の状態から脱臼であることの診断は容易であると思いますが、その他骨折の有無の確認のためレントゲンによる撮影は必須であると考えます。

CTMRIは受傷早期の段階では必要性は低いと思われますが、整復後の関節内に遺残した骨、軟骨片の有無や靭帯や神経の損傷の有無などを把握するためには必要になると思います。

 

治療は、レントゲンの撮影後に骨折の有無を確認してから、整復を行いますが、脱臼後1時間以上経過している場合や転位のない骨折(橈骨頭・頚部骨折など)がある場合は全身麻酔下での整復が望ましいとされています。

また、転位した骨折を伴う場合、神経血管損傷を伴う場合、開放脱臼例では、徒手整復ではなく、手術の適応となります。

 

キャストシーネによる固定は、通常23週間とされています。

 

単純な肘関節脱臼であれば、完治するケースがほとんどだと思いますが、橈骨頭骨折、鉤状突起骨折も合併している場合(terrible traid損傷)は、不安定型肘関節脱臼で再脱臼しやすくなるケースもあります。これにより、関節の可動域の低下や関節の不安定性が残る場合があります。

整形外科専門医になるための診療スタンダード2上肢 監修:戸山芳昭 大谷俊郎、編集:池上博泰 佐藤和毅 発行:羊土社 P159より

 

「肘関節脱臼 及び 脱臼骨折」について想定される後遺障害の等級は以下のものが考えられます

肘関節の可動域制限を残した場合

健側と比べ肩関節の可動域が3/4以下⇒126

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が1/2以下⇒1010

40歳代主婦の場合の賠償額2,670万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が10%程度以下⇒86

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

肘関節に動揺性が残った場合

労働・日常の行動に支障があり、常に硬性装具が必要

準用第10

40歳代主婦の場合の賠償額2,670万円

労働・日常の行動に支障があるが、常に硬性装具を必要としないもの

準用第12

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

 

後遺障害の審査にあたっては後遺障害診断書に何を記載してもらうのか、その他の後遺障害を立証するためにどのような資料を揃えるのかが、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

 

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

既に後遺障害診断書を書かれた方は、後遺障害診断書記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

また、既に一度後遺障害の申請をし、該当・非該当の結果が出ている方については、その結果が適正なものといえるのか、専門家に相談してから示談をしておいたほうが安心ではないでしょうか?

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、熊本、大分、佐賀など福岡近県の方々の交通事故相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で交通事故によるケガにより、当事務所まで来所することが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

1217日(木)は、久留米市の「くるめりあ六ツ門6F」で1010より

交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!! 

 

上野行政書士事務所

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

 

12月17日は(木)は交通事故無料相談会です!

27.12.17

 

交通事故の被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 

交通事故に遭われた方々の多くの方が、どこに、どのように相談したらいいのか、手続きはどのようなものがあり、どのように進めていくべきなのか様々な不安と疑問をお持ちです。

 

その疑問や不安を解消するために、家族、友人、知人、保険会社、病院等さまざまなところに相談することも多いと思います。

 

しかし、情報を得た先は、交通事故の手続きに関する専門家ですか?

自分の立場(被害者の立場)に沿ったアドバイスですか?

間違った情報に基づいて行動することで、思わぬ落とし穴にはまってしまう方も多いです。

「どこの?誰の?」情報かはしっかりと見極める必要があります。

 

相談会では、被害者の立場に沿って

交通事故の手続きはどのように進むのか?

保険金の請求手続きはどのようにしたらいいのか?保険会社の言う手続きでいいのか??

.保険会社から送付されてきた書類の意味について?それが今後の手続きにどのように影響を及ぼすのか。

治療はどのように進めたらいいのか?治療の打ち切りを保険会社から言われた際はどのようにしたらいいのか??

.業務中の事故の場合、労災との関わりはどのようになるのか?

.後遺障害の申請はどのようにしたらいいのか?そのために必要な検査は??

後遺障害を申請したが、非該当だったため、異議申立はできるのか?そのために必要な書類は??

後遺障害の申請をし、等級が認定されたが、その等級認定が妥当かどうか?

 

といったご質問など、交通事故に関する様々な質問に対し、適切にアドバイスさせていただきます。

相談の内容によっては、協力する弁護士の同席の上で、相談をお受けすることも可能です。

 

交通事故の件に関しては、賠償金の問題と切り離すことがなかなかできません。

賠償金がいったいいくらになるのか?保険会社からの賠償額の提示は適切なのか?賠償金の増額はできないのか?という問題に対峙する前に、前準備が特に重要です。

相談に来られる方々が手続きのどの段階で相談に来られるのかによって、我々が提供できるアドバイスも異なります。

場合によっては手遅れですということもあります。

交通事故による被害に遭った場合、可能な限り早い段階で一度、交通事故に関する相談を受けている専門家にご相談ください!!

この相談会を機に、少しでも疑問や不安を解消してみませんか?

NPO法人交通事故被害者救済推進協会の相談会での相談は、何度来られても無料です!!

ただし、相談員の人数の関係上予約優先です。

福岡、久留米、北九州、佐賀、長崎、熊本、その他福岡近県の方々で、交通事故に関する不安や疑問をお持ちの方は、交通事故相談会に是非お越しください。

ご予約の方は、お早目にお電話にてご予約をお願い申し上げ上げます。

お電話待ちしております。

TEL:0942-37-7570 

上腕骨顆上骨折について

27.12.10

 

交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今回は、「上腕骨顆上骨折」についてご紹介申し上げます。

 

上腕骨顆上骨折は、上腕骨のうち肘に近い部分の骨折を言います。

 

成人での発生頻度は稀で、主に小児に頻発します。

 

診断は、基本的にレントゲンでの診断が可能ではありますが、小児の場合の若木骨折(小児の骨折の場合に、ボッキリと折れるのではなく、曲がっているだけの骨折)はレントゲン上の診断が困難なことがあります。

※正しく診断されて治療を行わないと、発育障害を起こすこともあるので注意が必要です。

 

「上腕骨顆上骨折」の場合、肘関節部の主張、変形、疼痛を伴いますが、損傷の程度や他の合併症のとの関連から、手指の運動や感覚、血行障害の有無の確認が必要となります。

 

「上腕骨顆上骨折」の分類は以下のようになります(阿部の分類)

 

Ⅰ型:転位がほとんどないもの(図1

Ⅱ型:矢状面で前方凸の屈曲転位(図2

Ⅲ型:中等度の転位があるが、骨片間の接触があるもの(図3

Ⅳ型:転位が高度で骨片間の接触がないもの(図4

アトラス骨・関節画像診断3外傷、編集:山本謙吾、発行:中外医学社 P27.28

 

治療は、原則として、保存療法がおこなわれます。

ただ、「上腕骨顆上骨折」による、骨折部の主張や末梢骨片の転位による前腕への血行不全により、前腕の筋・神経が損傷し、前腕から手指に麻痺が生じた場合(フォルクマン拘縮)や成長障害による変形治癒が生じた場合などには手術が行われることがあります。

 

「上腕骨顆上骨折」が生じた場合における想定される後遺障害の等級は以下のものとなります。

1.上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残した場合

①常に硬性補装具を必要とするもの ⇒79

40歳代主婦の場合の賠償額5,330万円

 

②常に硬性補装具を必要としないもの⇒88

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

2.上腕骨に変形を残した場合

①上腕骨に15°以上の変形を残すもの

②上腕骨の骨端部に癒合不全を残すもの

③上腕骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

④上腕骨の直径が2/3以下に減少したもの

⑤上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形癒合しているもの

128

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

3.骨折部の痛み・筋力の低下等の症状が残った場合

1213

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

149

40歳代主婦の場合の賠償額383万円

 

4.フォルクマン拘縮が進行し、手関節・手指が用廃となった場合

①手関節の用廃⇒86

②手指の用廃⇒79

※通常これらの等級を併合すると、準用第5級となりますが、上肢の用廃が第56号であるため、その序列を乱すことを防止する観点から、①及び②が認められる場合でも、準用第6となります。

 

準用6級の場合

40代主婦の場合の賠償額6,790万円

 

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

 

後遺障害の審査にあたっては後遺障害診断書に何を記載してもらうのか、その他の後遺障害を立証するためにどのような資料を揃えるのかが、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

 

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

既に後遺障害診断書を書かれた方は、後遺障害診断書記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、熊本、大分、佐賀など福岡近県の方々の相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で交通事故によるケガにより、当事務所まで来所することが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

1217日(木)は、久留米市の「くるめりあ六ツ門6F」で1010より

交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!!

 

上野行政書士事務所

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

上腕骨骨幹部骨折について

上腕骨骨幹部骨折について

 27.12.8

 

交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今回は、「上腕骨骨幹部骨折」についてご紹介します。

アトラス骨・関節画像診断3外傷、編集:山本謙吾、発行:中外医学社

 

 

上腕骨は、腕の骨のうち、肩から肘の間にある骨です。骨幹部はその骨のうちの中央部分、腕を曲げて力こぶができるあたりといえばわかりやすいかもしれません。

 

「上腕骨骨幹部骨折」は、直接的な外力による骨折(交通事故などにより、直接的に腕に衝撃を受けた場合による骨折)や介達外力による骨折(投球動作や腕相撲などの腕の回旋力によって生じる場合の骨折)があります。

 

症状としても、骨折ですので、もちろん骨折部の強い痛みがあり、腫脹や変形を伴うことが多いです。

 

診断は、レントゲンにより判断が可能ですが、受傷後しばらく経って、遷延治癒、偽関節などが疑われる場合には、CTMRIも有用です。

この「上腕骨骨幹部骨折」の場合、神経や血管を損傷している場合もあるので注意が必要です。

 

治療は、ギプス等によって固定する保存的治療が主ですが、骨折によるズレが著しいものや保存的治療では満足した整復位が得られない場合には、プレート・スクリュー・髄内釘などによって固定を行う手術が行われます。

保存療法による場合、10週から12週ほど固定を行います。

手術療法の場合、高齢者の場合は特に抜釘の必要はないですが、若年者の場合は受傷後1年程度経過した後に抜釘することが多いようです。

 

「上腕骨骨幹部骨折」について、想定される後遺障害は以下のものが考えられます。

1.上腕骨の骨幹部等に癒合不全を残した場合

①常に硬性補装具を必要とするもの ⇒79

40歳代主婦の場合の賠償額5,330万円

 

②常に硬性補装具を必要としないもの⇒88

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

2. 上腕骨に変形を残した場合

①上腕骨に15°以上の変形を残すもの

②上腕骨の骨端部に癒合不全を残すもの

③上腕骨の骨端部のほとんどを欠損したもの

④上腕骨の直径が2/3以下に減少したもの

⑤上腕骨が50度以上外旋又は内旋変形癒合しているもの

128

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

3.    骨折部の痛み・筋力の低下等の症状が残った場合

1213

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

149

40歳代主婦の場合の賠償額383万円

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

 

 

後遺障害の審査にあたっては後遺障害診断書に何を記載してもらうのか、その他の後遺障害を立証するためにどのような資料を揃えるのかが、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

 

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

既に後遺障害診断書を書かれた方は、後遺障害診断書記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、熊本、大分、佐賀など福岡近県の方々の相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で交通事故によるケガにより、当事務所まで来所することが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

1217日(木)は、久留米市の「くるめりあ六ツ門6F」で1010より

交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!! 

 

上野行政書士事務所

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

 

上腕骨近位端骨折について

上腕骨近位端骨折について

 

27.12.4

交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

さて、今回は「上腕骨近位端骨折」についてご紹介したいと思います。

整形外科専門医になるための診療スタンダード2上肢 監修:戸山芳昭 大谷俊郎、編集:池上博泰 佐藤和毅 発行:羊土社 P142より

 

上腕骨近位端とは、腕の骨で肩に近い部分を指しします。

 

上腕骨近位端骨折は、全骨折中の約5%を占めると言われるほど、発生頻度の高い骨折です。

 

交通事故においては、歩行中やバイクの乗車中の事故等において転倒し、手をついた際やてんかん発作による急激な筋収縮による両側性の骨折を生じる例もみられています。

 

症状としては、骨折部(腕や肩のあたり)の痛みが強く、肩の可動域制限を伴います。

 

診断は、基本的にレントゲンで可能な場合が多いですが、骨折がレントゲンでははっきりわからない場合はMRIによる検査が行われます。

骨折部周囲の血管や神経損傷も疑われる場合には、血管造影や筋電図検査も行われます。

 

上腕骨近位端骨折の場合、治療のほとんどが保存療法による治療が行われますが、骨折による骨のずれがひどい場合には、手術が選択されます。

「後遺障害教本 整形外科領域著者:宮尾益和、発行:株式会社アジャスト」P30より

 

受傷から長期経過した場合には、変形治癒や偽関節が生じる場合もあるので、肩の痛みや肩が動かせないなどの症状がある場合には、早期に病院を受診し、レントゲンやMRIを撮っておくことが有用です。

 

事故から6か月~1以内に症状固定となり、後遺障害診断書を書いてもらうことになりますが、想定される後遺障害としては以下のものが考えられます。

 

 

    肩関節の可動域制限を残した場合

健側と比べ肩関節の可動域が3/4以下⇒126

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が1/2以下⇒1010

40歳代主婦の場合の賠償額2,670万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が10%程度以下⇒86

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

手術により人口骨頭(関節)置換術が行われている場合、患側の可動域角度が健側の可動域の1/2以下に制限されている場合86

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

    痛みの症状が残った場合については、神経症状を残すものとして、1213又は149

149号の場合、40歳代主婦の場合の賠償額383万円

 

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

 

 上腕骨近位端骨折の骨折に脱臼が伴う場合、動静脈損傷や腋窩神経肩甲上神経損傷を伴う場合があります。

 また、その他、鎖骨、肩甲骨の骨折や肩鎖関節脱臼、腱板断裂との鑑別診断も必要となります。

 

 後遺障害診断書を書いてもらう際には、肩関節の可動域について、その測定をしっかりと記載してもらうことや記載ミスがないかどうかの確認する必要があります。

さらに、可動域制限の原因についてしっかりと後遺障害診断書に書いてもらうことやその内容を裏付ける画像もそろえる必要があります。

 

 後遺障害の審査に当たっては後遺障害診断書に何を記載してもらうのか、その他の後遺障害を立証するためにどのような資料を揃えるのかが、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

 

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

また、後遺障害診断書を書かれた後の方は、記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、熊本、大分、佐賀など福岡近県の方々の相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で当事務所に相談されることが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

1217日(木)は、久留米市にある「くるめりあ六ツ門」で1010より

交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!!

 

上野行政書士事務所

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

 

12月3日は(木)は交通事故無料相談会です!

27.12.2

 

交通事故の被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 

交通事故に遭われた方々の多くの方が、どこに、どのように相談したらいいのか、手続きはどのようなものがあり、どのように進めていくべきなのか様々な不安と疑問をお持ちです。

 

その疑問や不安を解消するために、家族、友人、知人、保険会社、病院等さまざまなところに相談することも多いと思います。

 

しかし、情報を得た先は、交通事故の手続きに関する専門家ですか?

自分の立場(被害者の立場)に沿ったアドバイスですか?

間違った情報に基づいて行動することで、思わぬ落とし穴にはまってしまう方も多いです。

「どこの?誰の?」情報かはしっかりと見極める必要があります。

 

相談会では、被害者の立場に沿って

交通事故の手続きはどのように進むのか?

保険金の請求手続きはどのようにしたらいいのか?保険会社の言う手続きでいいのか??

.保険会社から送付されてきた書類の意味について?それが今後の手続きにどのように影響を及ぼすのか。

治療はどのように進めたらいいのか?治療の打ち切りを保険会社から言われた際はどのようにしたらいいのか??

.業務中の事故の場合、労災との関わりはどのようになるのか?

.後遺障害の申請はどのようにしたらいいのか?そのために必要な検査は??

後遺障害を申請したが、非該当だったため、異議申立はできるのか?そのために必要な書類は??

後遺障害の申請をし、等級が認定されたが、その等級認定が妥当かどうか?

 

といったご質問など、交通事故に関する様々な質問に対し、適切にアドバイスさせていただきます。

相談の内容によっては、協力する弁護士の同席の上で、相談をお受けすることも可能です。

 

交通事故の件に関しては、賠償金の問題と切り離すことがなかなかできません。

賠償金がいったいいくらになるのか?保険会社からの賠償額の提示は適切なのか?賠償金の増額はできないのか?という問題に対峙する前に、前準備が特に重要です。

相談に来られる方々が手続きのどの段階で相談に来られるのかによって、我々が提供できるアドバイスも異なります。

場合によっては手遅れですということもあります。

交通事故による被害に遭った場合、可能な限り早い段階で一度、交通事故に関する相談を受けている専門家にご相談ください!!

この相談会を機に、少しでも疑問や不安を解消してみませんか?

NPO法人交通事故被害者救済推進協会の相談会での相談は、何度来られても無料です!!

ただし、相談員の人数の関係上予約優先です。

福岡、久留米、北九州、佐賀、長崎、熊本、その他福岡近県の方々で、交通事故に関する不安や疑問をお持ちの方は、交通事故相談会に是非お越しください。

ご予約の方は、お早目にお電話にてご予約をお願い申し上げ上げます。

お電話待ちしております。

 

腱板断裂について

27.12.1

 

交通事故による被害に遭われた方々におかれましては、心よりお見舞い申し上げます。

 

さて、今回は「腱板断裂」についてご紹介します。

 

肩と腕の部分をつなぎ、肩の内旋運動、外旋運動の源となっており、肩の動きとって重要な役割を果たしています。

 

腱板は、棘上筋、棘下筋、小円筋、肩甲下筋の4つの筋から構成されています。

整形外科専門医になるための診療スタンダード2上肢 監修:戸山芳昭 大谷俊郎、編集:池上博泰 佐藤和毅 発行:羊土社 P13より

 

「腱板断裂」が生じた事故の状況からすると、歩行中、バイク、自転車の事故において、転倒して手を突いた場合や肩を打った場合に生じることが多いです。

 

「腱板断裂」が生じると、主に肩関節痛みと肩関節の可動域制限、夜間痛が生じることが多いです。

整形外科専門医になるための診療スタンダード2上肢 監修:戸山芳昭 大谷俊郎、編集:池上博泰 佐藤和毅 発行:羊土社 P114より

 

診断のために必要な検査は、レントゲン、MRIが考えられます。

MRIで診断がつかない場合は、補助的に関節造影が行われることもあります。

超音波検査が行われることもあります。

 

腱板断裂が疑われる場合には、MRIによる画像診断は必須と考えます。

腱板断裂には、完全断裂と不全断裂があり、完全断裂の分類は以下のものとなります。

 

 

【完全断裂の分類】

小断裂    :1cm以下

中断裂    :13cm以下

大断裂    :35cm以下

グローバル断裂:5cm以上で断端の腱性部分の消失

広範囲腱板断裂:5cm以上で2つの腱板にまたがる

 

治療としては、70%程度が保存的治療でよくなるとされていますが、その判断は難しいようです。

 

手術が行われる場合は、肩峰下除圧術や腱板修復術がオープン手術か鏡視下手術により行われます。

 

事故後もしくは術後から6ヶ月程度で症状固定となる場合が多いです。

 

腱板断裂後、痛みや肩関節の可動域制限が残った場合に想定される後遺障害の等級としては以下のものが考えられます。

肩関節の可動域制限を残した場合

健側と比べ肩関節の可動域が3/4以下⇒126

40歳代主婦の場合の賠償額1,470万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が1/2以下⇒1010

40歳代主婦の場合の賠償額2,670万円

 

健側と比べ肩関節の可動域が10%程度以下⇒86

40歳代主婦の場合の賠償額4,250万円

 

痛みの症状が残った場合については、神経症状を残すものとして、1213又は149

149号の場合、40歳代主婦の場合の賠償額383万円

 

※年収390万円(賃金センサス)

12級以上は平均余命までのライプニッツ係数で計算

 

上記賠償額の金額は、あくまでも概算です。

個々事情により、増額事由又は減額事由もあります。

 

交通事故により「腱板断裂」が生じる場合には、骨折や頚椎捻挫などの頚椎疾患が生じている可能性もあり、多彩な症状から、診断が遅れることも多いです。

 

その際の立証のために、事故の状況に関する資料などもそろえておく必要があります。

 

また、後遺障害診断書を書いてもらう際には、肩関節の可動域については、その測定に際して、しっかりと記載してもらうことや記載ミスがないかどうかの確認する必要があります。

 

さらに、可動域制限の原因についてしっかりと後遺障害診断書に書いてもらうことやその内容を裏付ける画像もそろえる必要があります。

 

これらのことは、後遺障害の等級に大きな影響を及ぼします。

一つ等級が違うだけで、最終的な賠償額は大きく異なります。

 

相談は、可能であれば後遺障害診断書を書かれる前に来た方が、検査漏れや記載の仕方にミスが生じうることを防止できます。

 

また、後遺障害診断書を書かれた後の方は、記載された内容でよいのか、客観的に確認してから申請したほうが安心ではありませんか?

 

当事務所は、福岡、久留米、北九州、佐賀、熊本、大分の方々の相談を積極的に受けております。

 

また、福岡近県の方で当事務所に相談されることが困難な方については、別途ご相談ください。出張による面談が可能なケースもございます。

お気軽にお電話ください!!

 

今週、123日は、久留米で交通事故無料相談会を行います。

こちらのお問い合わせもお気軽にお電話ください!! 

 

上野行政書士事務所

TEL:0942-33-1356

FAX:0942-33-4058

メール:info@jiko-kurume.jp

 

 

 

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら