当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

傷病名と後遺障害

交通事故外傷と後遺障害

部位別後遺障害

部位別一覧

後遺障害等級認定の要件

  1. 交通事故によって受傷した精神的・肉体的傷害(ケガ)が将来においても回復の見込めない状態となり。「症状固定」
  2. 交通事故と症状固定の状態との間に相当因果関係が認められる
  3. 後遺障害の存在が医学的に認められ(証明、説明)できる
  4. 労働能力の喪失(低下)を伴う
  5. 自賠法施行令の等級に該当する

専門医を捜す!

専門分野専門医資格名認定機関
整形外科整形外科専門医日本整形外科学会

脊椎脊髄

(頸椎、腰椎)

手、指手外科専門医日本手外科学会
スポーツ傷害認定スポーツ医日本整形外科学会
ペインクリニックペインクリニック専門医日本ペインクリニック学会
神経内科神経内科専門医日本神経学会
画像診断放射線科専門医日本医学放射線学会
脳神経外科脳神経外科専門医日本脳神経外科学会
リハビリテーション
臨床神経生理検査専門医日本臨床神経生理学会
高次脳機能障害委員会名簿日本高次脳障害学会

症状固定について

症状固定とは、傷病の症状が安定し、医学上一般に認められた医療を行ってもその医療効果が期待できなくなった状態をいいます。

したがって、傷病の症状が投薬、理学療法等の治療により一時的な回復がにられるにすぎない場合など症状が残存している場合であっても医療効果が期待できないと判断される場合には症状固定と判断することとなっています。

  1. 切創もしくは割創の創面がゆ合した場合又は骨折で癒合した場合であってたとえ疼痛などの症状が残っていてもその症状が安定した状態になり、その後療養を継続しても改善が期待できなくなったとき。
  2. 骨癒合後の機能回復療法として理学療法を行っている場合に、治療施行時には、運動障害がある程度改善されるが、日数を経過するともとの状態に戻るという経過
    が一定期間にわたってみられるとき。
  3. 頭部外傷が治った後においても外傷性てんかんが残る場合があり、このとき、治療によってそのてんかん発作を抑制できない場合であっても、その症状が安定し、その後の療養を継続してもそれ以上てんかん発作の抑制が期待できなくなったとき。
  4. 外傷性頭蓋内出血に対する治療後、片麻痺の状態が残っても、その症状が安定しその後の療養を継続しても改善が期待できなくなったとき。
  5. 腰部捻挫による腰椎症の急性症状は消退したが、疼痛などの慢性症状が持続している場合であってもその症状が安定しその後の療養を継続しても改善が期待できなくなったとき。

以上は厚生労働省からの労災医療を担当する医師に向けての説明となっています。交通事故の自賠責認定基準は労災基準に準拠して作られていることは今更いうほどのこともありませんが念のために。

書籍紹介

交通事故後遺障害等級認定サポート実務家の書籍です。専門家を目指す方、ご自分で等級認定にチャレンジする方は必読の書です。アマゾンにて「カスタマーレビュー」を記載していますので参考にされて下さい。

むち打ち損傷ハンドブック―頸椎捻挫から脳脊髄液減少症まで頚椎診療のてびき運動器画像診断マスターガイド (整形外科臨床パサージュ)ROM測定 第2版 (PT・OTのための測定評価DVDシリーズ 1)

1書籍.jpg

2書籍.jpg

3書籍.jpg

書籍での勉強の他にも実地での勉強会もしています

テロスSEを使った勉強会。書籍での勉強の他にも実地での勉強会を行っています。前十字靱帯(ACL)後十字靱帯(PCL)側副靱帯の検査の勉強会です。慣れていなので組立方が大変難しく真剣です。通常は、勉強会なので私服でリラックスして行われます。

1研修風景.jpg

2研修風景.jpg

3研修風景.jpg

4研修風景.jpg

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら