当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

むち打ち損傷 診断

代表的なむち打ち損傷の診断

頚椎捻挫(ムチウチ)で後遺障害認定

頚椎捻挫(ムチウチ)で後遺障害認定するには、まず主治医に難しいと言われても諦めてはいけません!

むち打ちの症状

  1. 頚部、背部痛
  2. 頭痛、吐き気
  3. めまい、浮動く感、耳鳴り
  4. 異常感覚、神経障害、シビレ感
  5. 筋力低下、特に握力
  6. 記憶障害、睡眠障害等
  7. 視覚障害

これらの症状が2ヶ月経過しても継続する場合は、ご相談ください。自賠責でいう後遺障害認定の可能性が出てきます。

主治医から後遺障害の認定は難しいと言われてもあきらめずに相談してください。医師は治療の専門家で等級認定の専門家ではありませんので気にする必要はありません。

しかし、通院方法、後遺障害の診断の方法を間違えると可能性が消える事になりますので、この時点でのまずはの相談をお勧めします。初回相談は無料ですので、2ヶ月経過しても症状が継続する場合はメールもしくは電話してください。

※まずは、自覚症状が大切となりますので、当事務所では、自覚症状を細かく尋ねて話を進めていきます。ここが当事務所の頚椎捻挫で14級9号の認定率が95%を越えている理由と現在認識しています。

神経支配領域について

頸椎捻挫(むち打損傷)で圧倒的に多いC5/6を損傷した場合について。

  1. 神経根症では上腕の橈骨側の肘のあたりから親指にかけての知覚障害が現れることに医学書上ではなっています
  2. しかし別の医学書ではさらに広い範囲で肘のあたりから人差し指、親指にあかけての知覚障害が現れると医学書上ではなっています
  3. また別の医学書では手の平の親指、人差し指付近に知覚障害が現れるとなっています

三冊の医学書でそれぞれ神経支配領域の知覚障害が現れる部分が異なるという事になります。

整形外科医に質問してきると、頸椎捻挫は大変難しく簡単ではないということと、別の神経支配領域と重なりあっている部分もあるとのことでした。当然ながら固有の神経支配領域もあるので様々な角度で頸椎捻挫は診ていく必要があるとの事でした。

交通事故後の発症について

医師の世界では2~3日以内に症状が出ないとおかしいという考えもあるようです。しかし事故後10日後から症状が出て詐病扱いされながらもやっとどうにか治療し等級認定まで至った方や書籍の上では事故後1ヶ月近く経過して発症した方もいるようです。

あるベテランの整形外科医からある新人の整形外科医への言葉で、ある新人の整形外科医は「君も頸椎捻挫の患者をしっかり診れるようになりなさい」とベテランの整形外科医から言われたそうです。これほど頸椎捻挫を理解するのは大変難しいということでしょう。

頚椎椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア.jpg

左が正常画像です。右がC6/7ヘルニアが突出している画像です。交通事故で比較的高頻度で起こるとされています。当事務所でも比較的頚椎椎間板ヘルニアは多く後遺障害等級を獲得し
ています。こんなに教科書的なヘルニア画像はめったにありません。

なので、画像に出ない方もお気軽に相談ください。

お問い合せ申し込み

0942-33-1356

受付時間:9:30~17:00(土日祝を除く)

メール申し込みの方で返信がない方は電話連絡お願いします。

どんどん申し込みしてください。

むち打ちで後遺障害等級認定をしその後の通院費にあてましょう。あきらめないで下さい。医師からヘルニアは交通事故、外傷と関係ない、と言われてもあきらめないでください。実は、ほとんどのヘルニアは、交通事故と関係ないのです。

しかし、後遺障害等級は14級9号、12級13号が認定されています。頚椎捻挫、腰椎捻挫関係では、現在は自賠責調査事務所から医療照会が多く発送され症状が充分あるもかかわらず、非該当となり涙をのまれているケースが存在します。ご注意ください。

ムチウチの立証の方法と頸椎について

頚椎矢状断12級.JPG

頚椎水平12級.JPG

傷病名、頚椎捻挫12級13号認定の画像です。矢状面では確認しずらいですが、水平面では脊髄を圧迫しているのが確認できます。

(被害者様に掲載快諾いただき掲載させていただいています)

整形外科での基本的むち打ち損傷診断

整形外科では、むち打ち損傷の場合誘発テストととして、ジャクソンテスト、スパーリングテストを行います。

図1 Spurlingテスト

図2 Jackson圧迫テスト

頚椎捻挫、外傷性頚部症候群での大切なテストです。

14等級認定されるなら少なくともスパーリングテスト、ジャクソンテストは受けなければなりません。自賠責調査事務所はこの2つのテストをかなり重視します。

むち打ち損傷と神経所見と等級認定までのメカニズム

むち打ち損傷を負った場合、首の痛み・手の痺れ・麻痺・筋力低下等の神経症状が発現することが多々あります。

背骨(脊椎)のをすぐ脇を通る脊髄は、神経根と呼ばれる部分を介して上肢に末梢神経が通じていますが、事故により脊椎部(頸椎)に大きな衝撃を受けた場合、脊椎に椎間板ヘルニア等の病変を生じ(もともとあった病変に衝撃が加わり)、神経根を圧迫することで、神経症状が発症します。

つまり、後遺障害等級12級13号の認定の場合はの病変部分に対応した特定の症状がみられなければなりません。

例えば、MRI画像上、C5/6に後方右側に突出したヘルニアにより、C6右神経根の圧排所見が得られた場合、C6神経に対応する(MRI画像は右と左が逆に写ります)

  • 右腕橈骨筋の腱反射・筋力の低下
  • 右前腕親指側に知覚鈍麻、過敏
  • 右棘上筋、三角筋肉~上腕三頭筋(首すじ~肩の下付近)に自発痛、放散痛
  • 右上腕の筋委縮

などの症状がみられた場合、「局部に頑固な神経症を残すもの」として、12級13号の認定が認定されやすくなるのです。

頚部障害高位の診断

運動・知覚・反射の障害の状態によりC5~T1までの高さの障害高位診断ができます。

頸椎図.jpg

C5.jpg

C6.jpg

C7.jpg

C8.jpg

T1.jpg

これらの部位別に症状が確認される事が後遺障害等級認定への道となります。

むち打ちと頭痛

頭痛の種類
  1. 血管性頭痛
    頭蓋の血管拡張がおこりこのために頭部の知覚受容器が刺激されその結果として頭痛を訴えるもの
  2. 筋緊張性頭痛
    受傷の際、頚部の過屈伸を被り筋肉の捻挫を受け、あるいは靱帯などにも損傷をうけ、筋緊張が亢進しその結果後頭部痛や側頭部痛をおこすに至る
  3. 後頭神経痛性
    C1~C3頚神経に属する大後神経および小頭神経の分布する後頭部に発作性の頭痛がみられ、後頭神経痛とよばれます

頚椎外科:酒匂崇教授、

頭痛の種類は3種類に分類され自賠責後遺障害等級においては、立証されやすそうで、意外と立証が難しい症状となります。

中心性脊髄損傷は少し前ですが、2009年9月に阪神タイガースの赤星選手がダイビングキャッチをし、頚椎椎間板ヘルニアを悪化させこの傷病名で引退しました。中心性脊髄損傷は交通事故の世界では、そんなに珍しい傷病名ではありません。

コツンとやった追突事故では、ありえませんが、ある程度の追突事故では、中心性脊髄損傷の疑い→中心性脊髄損傷とります。つまり追突により頚椎が過屈曲状態になり過伸展になり発症することが多いとされています。

そして、骨折等無いのに四肢が麻痺した感じとなりベッドで寝た状態となるようです。しかし手術を行う事もなく回復傾向の状態となり、退院することとなります。交通事故で大事なのは、この間に必ずT2強調画像でMRI撮影を行う事です。

これを行わないと、最悪は後遺障害非該当の結果に驚いてうろたえる事になります。うまくいけば9級10号とその差は大きなものとなります。よって骨折が無い場合は必ずT2強調画像でMRI撮影を行ってください。

代表的なむち打ち損傷の診断

むち打ち損傷には、いろいろな状態があるので、ひとまとめに述べることはできないが病型分類によっておおよその治療方法がある。

1)頸椎捻挫型

経過:事故により受傷、頸部に軽い違和感あり、当日事故近所の病院の救急外来を受診して、頸椎X線を撮影され、骨に異常なしと診断された。翌日になって頸部の張りが強くなり痛みが出現した。手足にしびれなどはなかったが頸部を動かすと痛みが出現して肩が少しこりやすくなった。

2)神経根型

経過:事故後、頸部と片側上肢、肩甲骨に痛みとしびれを自覚した。しびれは頸椎の運動によって強くなり、手指に知覚異常が存在した。下肢には異常はない。

3)脊髄症型

経過:事故後、頸部痛のみでなく、両側上肢、下肢にしびれや動きのにぶさが出現した。階段の昇降が不自由で、洋服のボタンかけが不自由である。

4)バレー・リュー型

経過:事故後、頸部痛と頭痛が合併し、めまい感、吐気などの自律神経症状が合併する。不安感が強くなり不眠なども出現することがある。

5)胸郭出口症候群型(仮)

経過:病態が不明な点が多く、統一した見解はない。頸部痛だけでなく、おもに片側の上肢にしびれと冷感が生じる。しびれや冷感は、上肢位置によって変わる。神経根型と似ている。頸椎の位置によってしびれが変わるのが神経根型で、肩の動きによってしびれが変わるのが胸郭出口症候群型である。

6)脳脊髄液減少症型(仮)

経過:病態に不明な点が多く、統一した見解がない。頭痛、頸部痛を主訴とする。横になっている時には、頭痛が軽減しているが、座位や立位をとると次第に頭痛と頸部痛が出現してくる。微熱、めまい、吐気、眼症状、集中力障害、記憶力障害など合併して、自律神経症状が強い場合には、バレー・リュー型との判別が難しい。

『むち打ち損傷ハンドブック-頸椎捻挫から脳脊髄液減少症まで』遠藤健司編著より引用

ペインクリニック

頚椎捻挫、外傷性頚部症候群でペインンクリニックで用いられる神経ブロック。

  • 頚部硬膜外ブロック
  • 星状神経節ブロック
  • 腕神経叢ブロック
  • 神経根ブロック
  • 後頭神経ブロック
  • 椎間関節ブロック
  • トリガーポイント注射

など診断書、診療報酬明細で時々お目にかかります。これらは、痛みを和らげるために用いられる局所麻酔となります。逆に、頚性頭痛、頚椎椎間板ヘルニアにも用いられます。

ブロック注射.jpg

写真出展:小川節郎日本大学麻酔科教授著:整形外科ペインクリニック

星状神経節ブロック注射とは、頸部にある交感神経節のひとつである星状神経節を局所麻酔薬でブロックします。交感神経は自律神経のひとつで、緊張を伝える神経ですから、ここをブロックすると緊張がゆるみ、血管が拡張し血流がよくなってきます。

そうすると交感神経に作用されていた痛みが緩和されます。星状神経節は、頚椎(首の骨を形成する椎骨で7個ある)の一番下にある第七頚椎の横突起の両隣りにあります。事故受傷で頚椎捻挫、頚椎椎間板ヘルニアの場合にかなりの割合でされてあります。

写真を見るとかなり勇気が必要なことがわかります。つまり他の脊髄神経などに傷をつけると大変なことになるからです。

頸椎症性脊髄症と頸椎症性神経根症

頸椎捻挫、外傷性頚部症候群は、交通事故後遺症の中でも最大勢力と言われています。当事務所においても間違いなく最大勢力です。しかし、同じ傷病名つまり頸椎捻挫でも症状は様々です。具体的にはまず頸椎症は、頸椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症に分かれます。

すでに頭が痛くなってきた?さらにややこしくなります。

頸椎症性脊髄症、頸椎症性神経根症が混在する場合もありえます。つまり脊髄症、神経根症が混在する場合もありえるということです。例えばC4/5神経根症の上腕部分、C4/5脊髄症手の平全体同時に知覚障害があるということになります。

するとC3/4の脊髄症の場合と部位的に重複する部分が多くややこしくなり、分かりにくいという事になります。

脊髄症jpg

丸善出版:頸椎診療の手引きより

神経根症.jpg

これらの病巣の決定には正確で詳細な理学的所見が必要となります。しかし、現状ではここまで詳しく整形外科等を受診してもあまり重要視されていないことが分かります。また、高位診断は医師の腕にも大きく左右されるので、さらにややこしくなるのです。

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら

一般社団法人
交通事故後遺障害
アセスメントセンター

詳細はこちら (外部サイト)