当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

日常生活状況報告書記載のポイント

日常生活状況報告書記載のポイント

日常生活状況報告書の記載でも等級認定は上下します

高次脳機能障害のレベルでは、日常生活報告書の記載が医師の診断書と同様、求められることになります。

日常生活報告書の記載は、択一式回答で、自分の状況に合うと思われる状況を選択し回答するものに、必要があれば、別紙に記載可、という書類となっています。

事故前と事故後の変化というものをみることが目的であるわけですが、実はその質問項目一つ一つが非常に重要な意味を持っているんですね。

それは、おそらく、素人の人が見ても、その重要性がどこに隠されているかを読み取ることは、難しいかもしれません。択一式回答では表面に示すことのできない重要な箇所は文章にて、記載することも大切です。

当事務所では、日常生活報告書の記載の仕方についても、サポートしています。ちなみに日常生活状況報告書は、通りいっぺんとうの生活を記載すればよいというものではありません。身体的に障害がある部分とDr.の所見の一致が必要となるのです。

つまり身体のどの部分について障害となれまどの内容を日常生活状況報告書として記載しなければならないかはおのずと決まってくるのです。当然一人として同じ人生の方はいませんし職業によっても生活の方法は異なります。

より、適正な損害賠償額をお考えである場合、日常生活報告書はとても重要な書類となりますので、ぜひ、ご相談下さい。

意見書について

医師に書いてもらう意見書は、医師(ドクター)の心を掴むものでなければなりません。どういうことかと言いますと、基本的に医師は忙しいのです。あまり書類に時間をかけたがりません。なので極力文章がす少なくてすむ形を望みます。できれば、択一形式で選択すれば済む形式など、○をつければ済みます。

また、意見書は診断書同様、医師の専門的な所見を記載していただくものですから、その内容は、医師にとって、その目的がわかりやすく、簡潔に回答しやすいものであることが大切です。さらに、医師の忙しい時間を割いて書いていただくわけですから、1回で必要十分な情報を意見としてもらえるだけの書類であることが大切になります。

しかし、近頃は意見書の記載をお願いすることは少なくなりました。といいますのは、直接に診断書を記載して頂くようお願いするようになったからです。やはりこれが一番です。Dr.にお願いできるほどに医療知識が必要になりますが、一番安心できます。

私の経験では、腕に自信のあるDr.はいとも簡単に書いてくれるようです。

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら