当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

有効な示談書の書き方

示談書には、

  1. 当事者の住所、氏名
  2. 事故の表示
    1. 日時
    2. 発生場所
    3. 被害者
    4. 被害者の車両の表示
    5. 加害運転者
    6. 加害者の車両の表示
    7. 事故発生状況
  3. 示談の条件
    乙は、甲に対して、前記事故による、損害賠償金として、金○○万円を支払う事を認め
    平成何年何月何日までに、持参または、送金して、支払うものとする
  4. 日付

を記載し押印すれば、完成です。ここまでは、マニュアル本の通りです。

しかし、状況に応じて、さりげなく、過失割合や事件処理にかかる、諸費用の負担等盛り込むことで後のトラブルを防ぐことができるのです。時間がたてば、人間、加害者意識が薄れてくるので、しっかりと、書面で残す事は、大変重要です。

あとは、示談書の中身が重要になります。妥当な金額で計算されているのか、示談書の内容にすべて盛り込んであるのかなどが重要になります。それと忘れてはならないのが、後遺障害部分の検討です。時々抜け落ちている計算書を見る事があります。

そんな時は慌てて後遺障害の申請の説明をさせていただいています。一気に200万円アップなんてこともめずらしくありません。

示談書のサンプルです。

簡単に示談する場合は、このような書き方で進みます。

示談書サンプル.JPG

示談書の白紙がダウンロード出来ます。簡単に示談される方はご利用ください。

妥当な金額のチェック

示談金が妥当な金額であるかのチェックです。

計算書.jpg

こんな計算書が提示されます。(様式は保険会社によってまちまちです)

チェック

1.治療費

保険会社払いで日数など間違いないかチェックします。疑問がある場合は、医療機関から保険会社に治療費の請求があってますので、保険会社から、診断書診、療報酬明細をもらいます。
診療報酬明細には、通院の日付、日数などの記載があります。ご自分の手帳などと照合すると良いと思います。

2.通院費

実際に通院された日数、タクシー、バス、電車、車など計算してみます。

3.入院雑費

1日当たり1,500円であるかどうか。この計算書では1,100円で400円低く計算してあります。

4.休業損害

この方は主婦です。主婦の場合は意外と高くなります。計算書では5,700円で計算してあります。大まかに40歳代の主婦ですと賃金センサスでは10,000程度になります。

10,000円-5,700円=4,300円となり、1日当たり4,300円低く計算してあります。

単純に計算してみますと127日で計算したありありますので、4,300円×127日=546,000円低く提示してあることになります。

5.慰謝料

赤い本(地裁基準)を参照します。入院19日、総治療日数201日で赤い本を参照してみます。
すると149万円になります。計算書では636,521円で提示してありあります。

1,490,000-636,521=636,372円低く提示してあることになります。

大まかに単純計算では、4の休業侵害546,000円と5の慰謝料636,372円。

合計1,182,472円低く計算されている事が分かります。

実際にはすべてこのうように単純はいきませんが大まかにはこのような計算となります。項目ごとにチェックする必用があるのです。

被害者請求する際に必要なのが事故発生状況報告書です。保険会社が一括請求している場合はすでに提出されているので改めて書く必要はありませんが、早い段階での請求やこちらが専攻
している場合は書く必要があります。

自賠責保険請求の書類(2社)の中から抜粋しています。見本と記載例です。

事故発生状況_1.jpg

事故発生状況_2.jpg

ちなみに追突事故の場合は100:0なので下記の程度が満たされば問題ありません。過失が多い場合は支払い額が変わってきますので注意が必要です。

事故発生状況2.JPG

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら