当事務所は、交通事故後遺障害等級認定に特化し、キャリア20年以上の行政書士、国立病院出身、元厚生労働技官専門スタッフが適正な等級獲得の支援を行います。

〒830-0023 福岡県久留米市中央町25-6 上野ビル2F
九州北部エリア (福岡北九州久留米、佐賀、長崎、熊本)

営業時間

月〜金 8:30〜19:00
第1・35土曜営業

FAX

0942-33-4058

遠隔地の診断書、明日は無料相談会

H.26.6.4

昨日も福岡方面の病院に同行しておりましたが、他の病院の診断書の
入手が必用となりました。
行政書士ですので委任状を被害者に方から頂き書類作成代行を行う
事も時々行います。
 

長崎の病院ですのでさほど遠隔地でもありませんが、被害者の方が、
診断書、レセプト、画像の入手のためにはわざわざ福岡から出向くのも大変です
のでこちらで電話で問い合わせしてからの診断書、画像等の代行入手となります。
 

このへんは行政書士ですので、医療過誤訴訟?など、さほど行政書士ですと
病院から警戒されることも無く意外と簡単に入手できるのです。
弁護士の先生ですと、病院が一番警戒している、医療過誤?そんな懸念も
なくスムーズであることが多いようです。
 

明日は、くるめりあ交通事故無料相談会です。
専門家の合計実績4000件以上、合計経験年数55年以上
全国でもトップクラスの実績と経験年数です!
弁護士事務所様、他事務所様でお断りされた御相談も可能です。
あきらめないで相談して下さい。
 

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故はどんどん相談してください。

自分の契約保険会社にも要注意!!

H.26.6.9

自分の契約保険会社にも要注意!!
 

人身傷害保険に加入している方は多いと思います。
ご自身の保険会社は人身傷害保険を早く払いたがります。
親切だな~なんて思ったらダメです。
それはこの様な判決があるから早く終わらせたいだけです。
 

最高裁判所第一小法廷 判決 平成24年02月20日訴訟基準差額説を理解されていない場合は、注意してください。 非常に分かりにくい判決です。

つまり示談や訴訟、赤本解決の前に人身傷害保険をもらってしまうと、

自分の過失分を赤い本基準でもらえるチャンスを逃す事になります。
​つまり自分の保険会社から100万円もらえるのに60万円しかもらっていない・・・・。
えー知らなかった、印鑑押してしまった・・・・。
そんな事にもなるのです。
 

しまった・・・・とならない様に、注意して下さい。
 

他にも、人身傷害保険を先行してもらった場合のデメリットもあります。
自分の保険会社から、危うく、赤本基準解決への道を閉ざされる方向へ導かれて
しまう場合もありますので注意が必要です。
 

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故相談はどんどんしてください。

人身傷害保険を先行してもらった場合のデメリット2

H.26.6.11

人身傷害保険を先行してもらった場合のデメリット2
ご自身の自動車保険契約から先行して過失割合分の人身傷害保険金を
もらったとします。おそらくその時に承諾書としてすると過失分の請求は終了
しましたと承諾書に印を押す事になります。
これにより過失分の赤い本基準での請求は難しくなる事は前回までの記事です。
 

今回は、相手保険会社がそのことを知ると、賠償額を赤い本(地裁基準)で支払
わなくて良いとする口実を与える事になってしまう事になってきます。
それは、いざ後遺障害が決定して賠償額請求するために紛争処理センターに持ち
込むと、紛争処理センターは相手保険会社から既に任意保険レベルでの解決を
開始しているから、任意保険の請求で解決しなさい。受け付けられませんと跳ねて
きます。
 

せっかく苦労して後遺障害を確定していざ赤本請求(地裁基準)を試みようとしても
出鼻をくじかれる事になるのです。
 

どなたも、早くお金をもらいたいのは人情です。しかし、自分の保険会社が言って
きているのだからと、うっかり気を緩めて印鑑を押すのは禁物です。
 

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故相談はどんどんしてください。

自賠責保険は過失割合が多い時に有利

H.26.6.14

自賠責保険の過失相殺は、7割を超えないと過失相殺されません。

減額割合

減額割合

被害者の過失割合

後遺障害、死亡

傷害

7割未満

減額なし

減額なし

7割以上8割未満

2割減額

2割減額

8割以上9割未満

3割減額

2割減額

9割以上10割未満

5割減額

2割減額

上記の表から過失が7割未満までは、傷害、後遺障害共に過失相殺は
されません。
つまり過失が7割くらいあっても自賠責からは、治療費、後遺障害の費用
がもらえる事になるのです。
過失が多いからと言ってあきらめないで下さい。
さらに健康保険を利用して治療すると、120万円もあれば重傷で無ければ、
結構まかなえるものです。

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本 の交通事故はどんどん相談してください。

○○共済様は独特認定

H.26.6.17

○○共済様は独特な感じで等級認定をしてきます。
理由についての記載は、頸椎捻挫、外傷性頚部症候群の神経障害
では、14級9号の認定理由と非該当の認定理由があまり変わりません。

これこれこう言う理由で認定できないのだー!とくれば反論のしがいも
あるというものですが、簡単に「医学的に証明し得るものとは評価し難い
ものと判断します。」
とだけ書いてこられます。「のれんにに腕押し、ぬかに釘」状態です。

大変やりづらい共済様でございます。
 

しかしながら、あららこんなの認定してくるの?そんな事も時々ございます。
これでバランスを取っているのかも知れません。

○○共済様は、治療期間、賠償に関しても独特で「えー放置状態?」えーほったらかし? そんなことも度々です。自賠責も任意保険も○○共済様の場合は違う意味で注意が必要になります。福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故相談はどんどんして下さい。

身体障害者手帳の交付申請

H.26.6.18

交通事故により、体の機能障害が残り、身体障害者手帳の交付の申請は、
時々必用になります。
例えば、 視覚、聴覚、平衡機能、音声機能、言語機能、そしゃく機能、肢体、
心臓、腎臓、呼吸器、ぼうこう、直腸、小腸、免疫機能に永続する障害がある方
で申請によって、その程度により1級から6級までの身体障害者手帳が交付されます。
肢体不自由の場合の実務
http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1050kurashi/2050fukushi/3010shougaishatechou/files/sitai.pdf
 

画像は私の住む久留米市の身体障害者手帳の交付申請書です。
申請に必用な物は、

①身体障害者手帳の交付申請書

②身体障害者診断書・意見書(医師に書いてもらう)

③顔写真

以上の①~③が必用になります。

障害申請①1.jpg

障害申請②2.jpg

障害申請③3.jpg

②の診断書・意見書は記載可能な医師(福岡県指定医師)でなければなりません。

当然ながらこれらの申請のサポート行政書士ならでのサービスとなります。

申請が認められると、手当、減免、割引などとメリットがあります。

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故相談はどんどんして下さい。

ペインクリニック

H.26.6.20

ペインクリニックの事を知る事も交通事故解決の1つとなります。


一般的には、外傷性頚部症候群等の場合に星状神経ブロックに代表される、
星状神経節近傍に局所麻酔注射をし星状神経節や頚部交感神経を遮断し
顔面、頚部、上肢、上胸部の痛みを和らげ、血流を改善させるコンパートメント
ブロックということになります。
 

痛みが和らぎ、交感神経の緊張が緩和され、血流が改善する事ににより
改善に向かうとされています。
 

頚部だけにペインクリニックを利用するのではなく、肩、上肢、腕、腰
下肢、膝など多くの部分に利用し改善、解決に向かう事が可能でも
あります。
 

例えば、肘部管症候群の治療に

①非ステロイド性抗炎症薬

②リハビリテ−ション温熱療法

③電気刺激療法

④肘部管内へのステロイド注射

で治療を行う事は有効と小川節郎先生、赤間保之先生は医学書に記載
されています。

日本ペインクリニック学会

↓ ↓

http://www.jspc.gr.jp/ippan/ippan.html
 

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故相談はどんどんしてください。

高次脳機能障害審査の対象とする事案:新基準

H.26.6.24

高次脳機能障害審査の対象とする事案:新基準

A  後遺障害診断において、高次脳機能障害を示唆する症状の残存が認められ(診察医が高次脳機能障害または脳の器質的損傷の診断を行っている)場合

全件高次脳機能障害に関する調査を実施の上で、自賠責保険(共済)審査会において審査を行う

B 後遺障害診断書において、高次脳機能障害を示唆する症状の残存が認められない(診療医が高次脳機能障害または脳の器質的損傷の診断を行っていない)場合

以下の①~⑤の条件のいずれかに該当する事案(上記Aに該当する事案は除く)は、高次脳機能障害(または脳の器質的損傷)の診断が行われていないとしても、見落とされている可能性が高いため、慎重に調査を行う。

具体的には、原則として被害者本人および家族に対して、脳外傷による高次脳機能障害の症状が残存しているか否かの確認を行い、その結果、高次脳機能障害を示唆する症状の残存が認められる場合には、高次脳機能障害に関する調査を実施の上で、自賠責保険(共済)審査会において審査を行う。

① 初診時に頭部外傷の診断があり、経過の診断書において、高次脳機能障害、脳挫傷(後遺症)、びまん性軸索損傷、びまん性脳損傷等の診断がなされている症例

② 初診時に頭部外傷の診断があり、経過の診断書において、認知・行動・情緒証がい示唆する具体的な症状、あるいは失調性歩行、痙性片麻痺など高次脳機能障害に伴いやすい神経系統の障害が認められる症例

(注)具体的症状として以下のようなものが挙げられる。

知能低下、思考・判断能力低下、記憶障害、記銘障害、見当識障害、注意力低下、発動性低下、抑制低下、自発性低下、気力低下、衝動性、易怒性、自己中心性

③ 経過の診断書において、初診時の頭部画像所見として頭蓋内病変が記述されている症例

④ 初診時に頭部外傷の診断があり、初診病院の経過の診断書において、当初の意識障害(半昏睡~昏睡で開眼・応答しない状態:JCSが3~2桁、GCSが12点以下)が少なくとも6時間以上、もしくは、健忘あるいは軽度意識障害(JCSが1桁、GCSが13~14点)が少なくとも1週間以上続いていることが確認できる症例

⑤ その他、脳外傷による高次脳機能障害が疑われる症例

(注)上記要件は自賠責保険における高次脳機能障害の判定基準ではなく、あくまでも高次脳機能障害の残存の有無を審査する必要がある事案を選別するための基準である。

後遺障害 1級~9級までの認定となります。

以上が国土交通省が音頭をとり旧基準よりかなり間口を広くし、自賠責保険の高次脳機能障害認定システムとして現在運用されております。なぜ間口が広げられたかといいますと見落とされやすいからです。

被害者は命が助かりホットしてまだまだこれから機能回復すると思っていると思いますが残念ながらそんなものではありません。しっかりと等級を獲得しなければ後で後悔してもしかたありません。

福岡、北九州、久留米、佐賀の交通事故相談はどんどんしてください。

実況見分調書

H.26.6.27

昨日は、熊本地方検察庁玉名支部まで実況見分調書を職員の行政書士が
取得にいきましたが、即日取得ができました。
通常は、弁護士会がコピーして後日取得となるのですが、即日は大変ありが
たい限りです。
 

ここで、弁護士、行政書士の先生は過失割合?
と思われる方も多いと思います。
実は、後遺障害等級認定でも実況見分調書は大切な役割を果たす事が多い
のです。
実況見聞調書とは、事故の態様を警察の方が加害者、被害者から聞き取り
図面にしたものです。
実況見分調書には、場所、日時は当然ながら、どのような形で衝突さたか、
はね飛ばされたか、ブレーキ痕、擦過コン、目撃者、破片、血痕がどこに
あったかなどの記録が書かれます。
 

これらから、車のスピード、衝撃度を計算することができるのです。
つまり事故と傷病、程度、つま後遺障害等級の因果関係を立証する重要な
資料となるのです。
 

福岡、北九州、久留米、佐賀、熊本の交通事故はどんどん相談してください。

お問い合わせはこちら

初回無料相談実施中 (予約制)
 無料相談会の詳細はこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

0942-33-1356

営業時間:月〜金 8:30〜19:00 (第1・3・5土曜営業)
(相談受付:9:00~18:00)

些細な疑問から、専門的なものまで、対応しています。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

無料相談実施中 (予約制)

0942-33-1356

営業時間:
月〜金 8:30〜19:00
第1・3・5土曜営業
(相談受付:9:00~18:00)

お問い合わせはこちら

無料相談会はこちら

アクセス

0942-33-1356

〒830-0023
久留米市中央町25ー6

表彰されました!

業務の功績が、日本行政書士会連合会表彰されました。

圧倒的多数の医学書で国立病院出身の元厚生労働技官、キャリア20年以上の行政書士、九大法学部卒の理論派があなたの交通事故後遺障害等級認定を支援します。
弁護士事務所様でお断りされても相談可能です。

雑誌掲載情報

財界九州7月号に
掲載されました!

事務所紹介

上野行政書士事務所

0942-33-1356

0942-33-4058

info@jiko-kurume.jp

代表:行政書士 上野正成

住所:〒830-0023
福岡県久留米市中央町25-6
上野ビル2F

<九州北部エリア>
福岡・北九州・久留米、
佐賀、長崎、熊本

事務所紹介はこちら